英語の建築用語集

英語の建築用語集(設計・CAD・配管・ダクト・建築資材・建材・塗装・水周り・設備機器)

◆建築資材・材料・塗料

◆SOPとは?【SOP】

 合成樹脂調合ペイント(SOP)とは、従来のOP塗装の配合で用いられる「ボイル油」ではなく「長油性アルキド酸樹脂ワニス」を配合することで塗料の乾燥を早め、光沢性を発揮する特徴を持つ自然乾燥型の塗料である。合成樹脂調合ペイントは主にSOP塗装として扱われ建築図面の表記ではSOPと表記される。

◆合成樹脂調合ペイントはペンキのこと

 一般に我々がホームセンター等で見かけるDIY用の「ペンキ」として認識されている塗料の多くはこの合成樹脂調合ペイント(SOP)である。 建築塗装としてSOP塗装が最も用いられるのは構造部分の鉄部の塗装等である。

◆SOP塗装のメリット・デメリット

 SOP塗装の最大の特徴はやはり速乾性の高さと、ウレタン樹脂塗料等と比較すると価格が安価でありコストパフォーマンスに優れるという大きな利点を持つ点にある。
 OP塗装と比較すると仕上がりも光沢があり滑らかに仕上がるため、初心者でも扱いやすい塗料のひとつであると言える。
 但しSOP塗装で仕上げた塗装面は耐久性が低いという大きな欠点を併せ持つ点は必ず把握しておくことが必要である。
 特に主に使用される鉄部の塗装であっても風雨にさらされる屋根部や屋外部では耐久性が更に低下するため塗装範囲はできる限り屋内部に限定するなどの配慮が必要である。
 木部への塗装に使用する際も同様の理由から屋内に限定して使用することが望ましいと言えるだろう。

◆SOP塗料の表記について

 DIY等でSOP塗装を行う際はホームセンターで「合成樹脂調合ペイント」と表記されている製品を探せば良い。「長油性フタル酸樹脂調合ペイント」と記載されている塗料もあるがこちらもSOP塗料である。
 確認が必要なケースでは成分表示欄に「油脂」・「長油性フタル酸樹脂」・「長油性アルキド樹脂」などの成分表示が記載されていればSOP塗料である。

◆屋根の補修工事の塗料には不向き

 屋根の補修工事や塗替え工事を行う際は足場の設置なども含めおおがかりな工事が必要となるケースも多い。また一定期間ごとに塗り替えが必要となる部分であることも想定し鉄製(トタン)屋根の塗装を行う場合は合成樹脂調合ペイントではなく耐水性・耐久性の高いウレタン樹脂塗料等を選択するべきである。
 原材料費がやや高騰するが工事ごとにかかる費用や塗り替えのスパンを考慮するとコストパフォーマンス的にも圧倒的に高いメリットがある。